従来の保育に捉われない、子どもだましでない質の良い保育が私立にはできると思います

アイン金沢文庫保育園

園長 本間 章子

あの先生のようになれているかな?

あの先生のようになれているかな? 自分自身が保育園に通っていた時の先生の姿を見て、あこがれて保育士になりました。普段の自分自身の保育を振り返り、常に「あの先生のようになれているかな」と、思い出します。

共育に感動

毎日忙しく大手の企業に勤務するお母様が、個人面談の時に泣きながら、子どもを預けて働く胸の内をお話しして下さったことがありました。まだ若かった私を相手にお話しして下さったのは、共に子どもを育てていると認め、信頼して下さっているのだと感じ嬉しく、励みになりました。 また、卒園し、保育の道に進んだ子どもの結婚式に招かれた時、とっても感動しました。 子どもたちと楽しい日々を過ごし、卒園していく時、子どもたちと共に成長した自分を感じます。 卒園した子どもたちに会う度、沢山学ばせてもらい、成長させてもらったと実感しています。

私立(株式)保育だからこそ

従来の保育に捉われない、子どもだましでない質の良い保育が私立にはできると思います。 特色のある、質の良い保育の提供、それをPRしていくことが必要だと考えます。アイン保育園では子ども英会話や独自の教材プルチノを使ったモンテッソーリ教育などの強みがあり、他の保育園にはない特色を活かしていければと思います。

就職活動をしている人たちへのメッセージ

就職活動をしている人たちへのメッセージ 保育士はとても素敵な職業です。 保育に直接結びつかないようなどんな経験も必ず生きてきます。 いろんな経験をし、自分を磨いてください。

↑